上腕三頭筋を大きくする!JMプレス

腕を太くする

上腕三頭筋がなかなか成長しない。

という人はたくさんいると思います。

そんな人にはJMプレスがお勧めです。

高重量が扱える

上腕三頭筋のトレーニングですが、コンパウンドムーブメント(複数の関節を使用する動き)なので高重量を扱うことができます。

高重量が扱えるので、プレスダウンなどの単関節運動よりも、強い刺激を上腕三頭筋に与えることができ、筋肥大だけでなく筋力の強化にもつながります。

上腕三頭筋が強くなれば、プッシュ動作が比例して強くなります。

スカルクラッシャーとナローベンチプレスのいいとこ取り

スカルクラッシャーではピンポイントで、上腕三頭筋に刺激を与えることができます。

ナローベンチプレスでは、高重量を扱えてベンチプレスの強化に欠かせません。

JMプレスは、上腕三頭筋にダイレクトに刺激を入れて、なおベンチプレスを強化してくれるのです。

 

JMプレスとは

パワーリフターであるJM BlakleyにちなんでJMプレスと名付けられました。

JMプレスは、スカルクラッシャーとナローベンチプレスを融合した種目です。

 

JMプレスのやり方

⑴ ベンチ台とバーベルを用意します。

⑵ ベンチに横たわって、バーを握ります。(握り幅は肩幅程度)

⑶ バーを顔に近づけるようにして、下ろしていきます。(ナローベンチプレスではないので胸には降ろしません)

⑷ 顔の上から、肘が伸びきるまで挙上していきます。(脇は締めた状態を維持します)

 

JMプレスをやるときのポイント

✅ 顔面に下ろす動作になるので、スポッターについてもらうのをお勧めします。一人でやっている時に万が一つぶれそうになったら、瞬時に胸に下ろすようにしましょう。

✅ 初めてやるときは、軽めの重量でやってください。フォームだけでなく、上腕三頭筋が正しく使われているか確認することができます。

✅ 動作中に肩や肘に痛みが生じた際はトレーニングを中止してください。または、顔面まで下げ切らずにパーシャルレップで行っても構いません。

✅ 重い重量で4−6レップ行っても良いですが、スポッターをつけてください。推奨レップレンジは8−10レップです。

 

JMプレスの取り入れ方

上腕三頭筋のコンパウンド種目なので、今までの上腕三頭筋トレーニングの前に行うようにしてください。

今までプレスダウンをメインに行ってきた場合は、プレスダウンの前にJMプレスを3〜4セットこなします。

そのあとに、プレスダウンを入れてください。

 

高重量が扱える上腕三頭筋トレーニング

スカルクラッシャー 

こちら!

ナローベンチプレス

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください